オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CIMG8379_convert_20090214224639.jpg

日本に帰国して1週間たちました。
1週間もたったのに、まだ日本にいることが「ゲスト」感覚なままです。


帰国の際、飛行機の機内から見えた夜明け。

僕の新しい人生の幕開け。

さあ。どんな楽しみと困難が待ってるんだろう。






僕のオランダ留学日記はここでお仕舞いです。
ご愛読ありがとうございました。

何人かの方に励まされて、日本での生活も新たに書いていこうかなと思ってます。
このブログに続けて書いていくか、新たにブログを設けるかはまだ決めてません。
またご連絡しますね。

それでは。
お元気で。
スポンサーサイト
CIMG8328.jpg

出発日前夜。最後の食事は手作りオランダ料理。
お世話になったオランダのおじさん・おばさんの家に再び招待されました。

オランダ料理は、一般的に言って、とびきりおいしいものではないけど、異国に来たアジア人カップルを心配してずっと親切にしてきてくれたおじさん・おばさんの優しさで、体も心も温まります。

CIMG8341_convert_20090214224447.jpg

出発日の朝。
早い時間だったので、おじさん・おばさんに駅まで送ってもらいました。

笑顔でお別れ。
お礼の言葉はもう散々言ったんだけど、伝えきれない。

伝えきれない気持ちを握手する力に込める。
「ありがとう。」


さよならデンボス。
今日はオランダ滞在最後の日。

CIMG8315.jpg

学校に行って、お世話になった先生、スタッフに最後の挨拶をしてきました。

慣れないキスの交換。

涙ぐむインターナショナル・オフィスのマネージャーに、もらいうるうる。

CIMG8321.jpg

別れ際に出た言葉。「See you」

あ、間違えた。「Good-bye」って言わないといけなかったのに。

いつかまた会えるよね。永遠の別離じゃないはず。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。