オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20070826055154_s.jpg


6週間の花屋での研修が終わりました。大変なこともたくさんあって何度も凹みましたが、いろいろ勉強になり ました。花のことだけではなくて、自分自身について改めて知りました ね。

最後の1日は、前日に作ったディスプレイ用の飾りのミニチュア版を、 売れる値段で作れ、とのことだったので、また朝からワイヤーとの格闘 です。傷だらけの手なんですが、ナイフで切るよりワイヤーの摩擦で切った時 の痛さったら無いですね。特にあの、飾り付け用の波形のワイヤーがく せ者です。で、完成品を並べたところです。

最後は、花と歌で見送ってくれました。
スポンサーサイト
2007.08.26 05:51 | 花屋修行 | トラックバック(-) | コメント(6) |
毎日へとへとでなかなか更新できません。すみません。

今日もWindow dressing用のアレンジをつくりました。
いろいろデザインを考えてオーナーのところに持って行くんですが、商売なのでやっぱり「1週間くらいは飾っておける」ことが条件で、花材に制限が大きいです。なので、「作品展」のように自由はきかないですね。難しいです。

CIMG5084.jpg

PolygonumとHydrangeaのみのアレンジです。高さは花器もいれて180センチくらいですかね。窓に飾ると、下のような感じです。

CIMG5085.jpg


これに値段を付けろっていうので、180ユーロくらいの値段(陶器の花器75ユーロ込み)を付けたら怒られました。400-500ユーロとらないとお店がやっていけないだろ!とのこと。

花屋での研修も残り1日です。がんばろ。
花屋での修行も5週間が過ぎました。
特に上達を感じないまま、残りあと1週間というところです。
短期間でそんな簡単に上達する訳ないですね。かなりしごかれましたが。

CIMG5010.jpg

今日はウィンドウディスプレイ用のコーンをつくりました。高さは、ベースと合わせて1m80cmくらいですね。マテリアルはグラジオラスとヘデラだけです。

CIMG5011.jpg

「考えるな。やれ。」
アレンジしている隣でオーナーの厳しい目が光ってました。
マスターフローリストのペニーさんが長期休暇に入ってしまう前に、マスターフローリストをどうやって取得したのか、いろいろ教えてもらいました。

CIMG4739.jpg

フローリストとしての職業経験とは別に、植物学、色彩学(その後、自分で選択した「赤とオレンジのカラーコンビネーション」に合うフラワーアレンジを作り続けたみたいです)、マーケティング等を勉強した後、オランダ人デザイナー(フローリストではないデザイナーです)の下で、花とは全然関係無く、デザインを半年間修行したとのこと。写真は彼女が行ったプレゼンテーションをまとめた本ですが、アーティスティック過ぎて意味がわかりません。正直。

CIMG4732.jpg

勉強できるデザイナーの選択肢の中には、村上隆の名前もあります。

CIMG4738.jpg

公的な制度として認められている職人って、生まれ持ったセンスもあるとは思いますが、センスを磨くトレーニングを積んでいるんだな、と思った次第です。
マスターフローリストの発想というか、右脳の一部を見せてもらった気がしますね。
ベアグラスを扱うのが苦手なので、練習を兼ねて(なんてお客さんには言えませんが)、アレンジを作りました。

CIMG4746.jpg

CIMG4747.jpg

実はFleur 2007年秋号からインスパイアされたものっていうことは秘密です。

CIMG4760.jpg

盗作なんて呼ぶには、僕の方のは完成度が低過ぎですからね。似て非なるものです。ごめんなさい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。