オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は課外授業。インターナショナルクラスの生徒6人を乗せたバスは、朝早くに学校を出発しました。

最初の訪問地は、菊の生産者Peterさんの農場です。

CIMG1915.jpg

35,000平米の施設内は、一面の菊、菊、菊です。ベルトコンベアで作業が進んでいます。

CIMG1919.jpg

ランニングコストの25%を占める光熱費が、このところの原油高で大幅に上昇していることと、人件費の高さ(1時間あたり最低でも18ユーロ!!(社会保険費込みだと思いますが))による生産地移転(南アフリカ、エチオピア等)により、オランダの花卉生産業者は窮地に立たされているとのことです。

Peterさんは「Happy Flower」の特許権を持つ開発者でもあります。日本にも既に輸出されている、とのことです。ホームページは、http://www.happyroses.nl/en/index.php です。

CIMG1928.jpg

この「Happy Flower」が紹介されているメディアがあったらぜひ教えて欲しい!とのことでしたので、もし見かけたらお知らせ下さい。

訪問2件目は巨大な緑化センターで、見学後お昼休みを挟んで3件目。デザインにこだわったExclusiveフラワーショップです。

CIMG1937.jpg

店内のディスプレイ、作り置きブーケは全てセンスが良く、さすがに富裕層や法人からのオーダーが多い店なんだなと感じましたが、僕が一番感心したのは、

CIMG1941.jpg

こういうミニメッセージカードの種類の多さと、かわいさですね。(本筋と関係ないか。)

4件目に卸売業者を訪問し、最後の訪問地はパーティーやフェアーの空間プロデュースを中心に行っているフラワーショップです。

CIMG1968.jpg

フラワーショップと言っても、店内&倉庫のほとんどはパーティー用の家具や飾り付け等で、とてもそうは見えないんですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。