オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はブライダルブーケです。

先週のフラワーデザインの授業の最後に先生から、「来週はブライダルブーケを作るので、各自ドレスの生地を選んで花を買ってくるように。」と言われました。僕が選んだ生地はダークレッド。ピンク系のブーケを頭の中でイメージしながら、昨日の夕方に花屋に行って材料を揃えました。赤いバラ(中)10本、ピンクのバラ(小)20本(結局10本しか使いませんでしたが)、ブバルディア10本、アスパラガスで11ユーロ、約1,650円ですね。あと、学校の庭からアストランチアとアイビーの葉(大)を摘んできました。

オランダの結婚式で花嫁が持つブーケは、予算の相場が50?500ユーロで、ほとんどがハンドタイドブーケだそうです。あと、あの、首の傾いてるオアシス社のブーケホルダー、首の傾いてる方を後ろ向きにするのが基本的に正しい使い方なんですって。そんなことをブーケの歴史とともに学んだ後、いよいよ実習です。

まずはフローラルフォームを使ったRound Filled-up mixed。

CIMG1980.jpg

「身長160cmの女性」が持つブーケが課題だったんですが、これは大き過ぎましたね。
ひっくり返したり振り回したりして、ステムが充分に差し込まれているかをチェックします。僕のブーケ、振り回した瞬間にバラの花が1本飛んでいきました。差し込みが甘いですね。

で、次はワイヤリングテクニックを使ったブーケです。

CIMG1991.jpg

ここまででもうへとへとです。バインドする頃にはもう集中力が切れてしまっていて、いまひとつな出来上がりになってしまいました。明日の朝先生の評価を受けます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。