オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先週、3日間にわたって外部での研修を受けました。研修のテーマはCultivation Techniqueです。

デンボシュから電車で約1時間。Ede-Wageningen駅から徒歩15分のPTC+という研修所で行われました。

CIMG3000.jpg



<1日目>
1日目の午前は、トラクター運転実習。みんな遊園地気分です。因みにオランダでは18歳以上ならトラクターを運転するのに免許は要りません。(2009年からは必要)

CIMG2996.jpg

最新のトラクターから早い者勝ちで取られていって、僕に残されたのはこんな旧式のトラクターでした。でも先生から、「将来フラワービジネスが出来なかったら、トラクターを運転した方がいいね。」と言われるほど、なぜか巧く運転できてしまいました。前世は農家だったのかな・・・。

CIMG2995.jpg

1日目の午後は、水の散布について。グリーンハウスのスプリンクラーで水を撒いた場合と、手で水を散布した場合の違いを検証します。コップを並べて水を撒き、それぞれのコップに入った水を測った後、コンピューターでグラフにして、均等に水を撒くことがいかに難しいかを学びました。

CIMG2999.jpg



<2日目>
2日目の朝のテーマは「選定」です。
花や野菜・フルーツの選定に用いる機械がどのような仕組みなのかを学びます。
バラを長さで選定する機械、野菜を重さで選定する機械、野菜・果物を色と重さで選定する機械等、先生がわざとトラブルを発生させて、生徒は機械の仕組みを考えながらそのトラブルを解決する、という実践的な実習です。

CIMG3003.jpg

2日目の午後は、グリーンハウスの構造について。Venloタイプと呼ばれるグリーンハウスのミニチュア版を実際に組み立てながら、骨組みをいかに少なく(日陰を作らないように)、かつどのように強度を高めることができるかを学びます。

CIMG3010.jpg



<3日目>
3日目の午前は、SubstrateとNurseryについて。写真は、培養土に水を加えてSubstrate(日本語で言うと培養基?)を作っているところです。

CIMG3062.jpg


3日目の午後は、耕うん機の取り扱いと、ハローやロータリーを装着したトラクターの運転です。耕うん機の取り扱いは簡単そうに見えてなかなか大変です。腕の筋肉がつりそうです。(先生からは、「初心者は力を入れすぎなんだ」とのコメントがありましたが。)

CIMG3067.jpg



将来トラクターを運転する機会は無いと思いますが、非常にオーガナイズされた研修で、興味深かったです。
スポンサーサイト
木曜日、DFAの資格試験がありました。

韓国のフラワースクール2校から来た20人強の参加者と一緒に、いつもの学校の教室で試験を受けます。朝8時20分に集合。9時から12時、お昼を挟んで12時45分から13時55分までの計250分間で5作品を作るテストです。

朝発表されたテストの課題は、
1)ハンドタイドブーケ・Round Grouping・Walm-coldカラーコントラスト
2)ブライダルブーケ・ワイヤリング・Triangle・テーマカラーVirginity
3)ディッシュアレンジメント・トライアングル・Complementaryカラーコントラスト
4)フューネラルスプレー・オーバルミックス・Tone-in-toneカラーコントラスト
5)オブジェクトデコレーション(ボトルワインとワイングラス)・デコラティブパラレル
の5つ。

参加者それぞれのテーブルには山のように花が用意してあって、好きな花を選んで作ることができます。

CIMG3014.jpg

5作品も作るのに、参加者が多いために与えられたテーブルは2つ。2平方メートル位でしょうか。しかも隣の人との空間が無いためにかなり狭く感じます。



結局、最初に計画していた時間配分からはどんどん遅れが出てしまい、ワイヤリングブーケ作製にかけられる時間は40分くらいになってしまったのですが、何とか間に合いました。(練習の時には70分以内で作れたことはなかったんですが。)

本当はのぞくことができない評価会場の写真です。20人 強の参加者 X 5作品で100作品以上が並んでいます。圧巻です。

CIMG3016.jpg



韓国のフラワースクールの先生方と一緒に結果を聞きます。

で、
なんとか合格しました。ふう。
でも恥ずかしい結果でした。10段階評価で6以上で合格のところ、
(1)7(2)7(3)6(4)6(5)7の評価です。ぎりぎりです。

試験の後は資格証書授与式を兼ねてホテルでパーティーです。

CIMG3038.jpg

来年のADFA(Advanced Dutch Flower Arranger)試験に向けてもっと練習しないと。
今日は宿題がいっぱいなのでちょっとだけ。

先週の金曜に作ったトライアングル・ワイヤリングブーケです。
材料が乏しかったので、ちょっと寂しいブーケですが。
チューリップって、茎が弱いくせに頭が重いのでワイヤリングが難しいですね。テストの時には選びたくないマテリアルだなあと思いました。

CIMG2934.jpg

月曜もトライアングルのワイヤリングブーケを作る予定で、カラーを買ってきました。マーケットで花を買ったんですが、ラテン語で言っても発音が全然通じなくって非常に苦労しました。

「そのザンテデシア(カラーのラテン語名)を下さい。」
「え?」
「ザンテデシア。」
「え?」
「だから。カラー!ザンテデシアでしょ!」
「ああ。ザンテデシアね!」
って、どこがどう違って通じてない訳?という感じです。
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今日は公現祭のお祭りでした。キリストが三賢人の訪問を受けて神性を現した日(本来は1月6日ですが、オランダでは週末にお祭りを行います)です。クリスマス期間もこれで終わりです。

街の中心地であるマーケットに突然ラクダが現れました。3頭いるということは三賢人が乗るに違いありません。子供達向けのお祭りなんですが、見慣れないラクダを見て大人達も興奮しています。

CIMG2866.jpg

公現祭の風習は各地で異なるようですが、こちらではランタンを持つのが風習のようです。子供達は、ランタンを手に持ち、王冠を被って三賢者の登場を待っています。

CIMG2891_01.jpg

賛美歌の演奏でお祭りがはじまりました。

CIMG2897.jpg

楽隊を先頭にラクダに乗った三賢者が街を練り歩いていきます。ランタンを持った子供達も音楽に合わせて歌いながら三賢者の列について歩いていきます。

CIMG2905.jpg

僕の方も今日で冬休みが終わり。明日から学校です。また頑張らないと・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。