オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「オランダ人が春を感じる花って何?」ってオランダ人に聞いてみた ら、「ヒアシンス」だそうです。「桜はどう?」って聞いたら、「あ あ。きれいだよねえ。」ってピンときてない感じでした。
スポンサーサイト
2007.03.31 04:20 | 今日の1枚 | トラックバック(-) | コメント(5) |
町中にあるオリジナルTシャツ屋さん(たぶん)のディスプレイ です。
毎回楽しませてもらってます。

20070330050258_s.jpg

2007.03.30 05:10 | 今日の1枚 | トラックバック(-) | コメント(0) |
早咲きのさくらです(よね?)。
暖かい日が続いています。
今日の最高気温は16度でした。
20070329022845_s.jpg

2007.03.29 02:38 | 今日の1枚 | トラックバック(-) | コメント(4) |
29日の日曜日は夏時間への変更日だったんですが、そんなことはすっかり忘れてしまっていて、月曜の朝のアポイントメントに1時間も遅刻してしまいました。

1時間遅刻していることをすぐ教えてくれればいいのに言ってくれないものだから、その場にあった時計をみて、「あれー。1時間位しか話してないのに、2時間も話したんだっけ・・・。」と困惑してしまいました。

CIMG3577.jpg

今日撮った写真です。こんなに明るいのに18時半。夏時間に体が慣れるまでは、なんか変な感じです。
デン・ボシュの東側には広大な湿原地帯が広がっています。
日曜日、天気が良かったので、パートナーと散歩に出掛けました。

IMGP1037.jpg

湿原地帯には船で渡ることもできます。
金属製のチェーンが渡してあって、それを巻き取ることで進むのですが、手動です。船上に巨大なごますり器なような装置があって、それを回転させます。みんな全力で回します。でも強がってみんな笑顔で回してます。

IMGP1035.jpg

CIMG3534.jpg

スーパーにて。
初物のアスパラガスです。春がやってきた!って感じがします。
Cultivation Techniqueという授業でチューリップを育てています。

全く土を使わない水耕栽培(Hydroponic forcing)で、水に含まれる肥料を替えると、発育にどう違いが出るかを調べる実験です。

まずは、肥料作りから。作った肥料は3種類、CaCl2と、Ca(NO3)2、Ca(NO3)2 + Bです。

CIMG3446.jpg

オーダーした球根を、突起状になったトレイに一つ一つ挿していきます。その数1800個。朝一番からはじめて、お昼過ぎまでかかりました。

CIMG3435.jpg

CIMG3451.jpg

現在は、3度に保った冷蔵庫の中でルーティングを行っているところです。

CIMG3452.jpg

予想より早く育ってしまっていて、このままだと収穫がテスト期間に思い切りぶちあたってしまいます。悩みの種です。


因みに、クラスの他のグループ・野菜チームはトマトを育てています。先月に植えたのでまだこんなに小さいですが。

CIMG3515.jpg

害虫と天敵の数をコントロールして、収穫量にどう差が出るかを調べるみたいです。

今週、受粉用にグリーンハウスの中にハチを放したところです。ハチっていっても人間を刺したりしないハチです。ちゃんとしたオーガニック肥料会社(?)から購入したブランドもののハチですよ。これがハチの巣です。

CIMG3513.jpg

さすがブランドもののハチ。がんばって働いてます。

CIMG3512.jpg

町中のフリッツ屋(フライドポテト屋)が最近、どの店も値上げしていて、インフレが進んでるんだなあなんて思ってたんですが、実は、ヨーロッパでは最近、ポテトの価格が高騰しているとのことです。

IMGP1009.jpg

2006年のヨーロッパの気候は、涼しい夏になるかと思いきや秋までずっと夏のように暖かい日が続いため、多くの農家でポテトの保管に失敗(カビが生えてしまい)し、質の良いポテトが手に入りにくい状況になってしまった、と大学の講義で学びました。

EUにとって、最大のポテト供給国であるポーランドでのポテトの不作は深刻で、2007年の収穫分までは今後も毎月約20%の価格上昇が予想されるとのこと。(Potato deficit in Europe: does it mean another exporter item for Ukraine?, Agricultural Marketing Project, http://www.lol.org.ua/eng/showart.php?id=42979)

背景に天候不順という理由があったとしても、人為的な原因で価格が上昇していて、結果的に消費者につけが回って来ているとすると、農業ってかなり特殊な業界だなあと感じます。
僕の住む町デンボッシュには、ハイネケンの工場があります。

世界100カ国以上に醸造工場を持つハイネケンですが、オランダには2つしか工場がありません。一つはデンボッシュに、もう一つはライデン近郊にあります。日本に出回っているハイネケンの一部の商品は、デンボッシュ工場で醸造されたものだとのことです。

IMGP1000.jpg


春の陽気に誘われてふわふわ外を散歩していると、ビール工場特有のホップの匂いがしてきました。昔、実家のそばにサッポロビールの工場があったので、僕にとっては嗅ぎ慣れた懐かしい匂いです。

巨大な工場です。因みに僕の通っている大学でも、この工場で醸造したハイネケンの品質チェックをしているそうです。

IMGP0994.jpg

で、工場を通り過ぎた後もふらふらと散歩を続けていたら、春らしい光景にいっぱい出会いました。

IMGP1007.jpg

運河で遊ぶ子供たち、とか、

IMGP1005.jpg

暖冬でもう咲き出したモクレンとか。
散歩していると、春が近づいているんだなあと感じます。

CIMG3310.jpg

CIMG3311.jpg

CIMG3312.jpg

CIMG3315.jpg

CIMG3317.jpg

CIMG3139.jpg

CIMG3295.jpg

今日、買い物に行った際にこんな自転車を見つけました。
オランダでは時々見掛ける前輪に台車が付いた自転車なんですが、新品で売ってるのを見るのははじめてです。

CIMG3296.jpg

もうちょっと大きい台車に替えて、これで花を売り歩いたらおもしろいだろうなあ。
値段は950ユーロ。15万円くらいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。