オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Save2.jpg

Noordbrabants Museumで開かれている「Wauw!」-70年代のオランダ展に行ってきました。

CIMG5616.jpg

CIMG5619.jpg

一言で言うと、「POPとPUNKとヒッピー」ですね。今現在、雑貨屋さんで売っていても全く不思議でないおしゃれでかわいいデザインばかりです。

CIMG5622.jpg

CIMG5617.jpg

家電製品や家具のデザインは今よりも良いですね。近未来的で素敵。モデル・リビングルームに置いてあるステレオセットはレコードです。

CIMG5623.jpg

お土産コーナーで売っていたモンチッチです。日本製のモンチッチは、オランダでも有名だったんですね。
スポンサーサイト
CIMG5595.jpg

ADFA(Advanced Dutch Flower Arranger)資格取得のため、デンボッシュにいらっしゃっている日本人の方とご一緒し、坐禅を体験させて頂きました。

デンボッシュの隣のBerlicum(ベルリクム)という小さな町に、禅センターがあります。
http://www.kanzeonzencentrum.nl/

CIMG5591.jpg

はじめての体験だったので、叉手を逆に組んだり、経行(きんひん)が速過ぎて前の人に追いつきそうになったり、はたまた瞑想中にお腹が鳴ったりして(お腹が鳴ったことに思念がとらわれてちゃいけないですね)、作法が悪かったなあと反省してます。

でも、何も考えない約2時間はあっという間に過ぎて、終わった後はスッキリしてました。


もう秋が深いとこまでやって来てました。はじめて暖房を付けました。
2007.09.28 05:35 | 今日の1枚 | トラックバック(-) | コメント(4) |
先週末は、Stedelijk Museum Amsterdam CSで開かれている、Liet Heringa (1966-)とMaarten van Kalsbeek(1962-)の2人組のアーティストの作品展に行きました。
タイトルはCruel Bonsai(残酷な盆栽)です。

Save.jpg


Save20001.jpg

鉄とガラスで出来た彫刻です。中国や、イタリアの田舎町の混沌さからヒントを得たもののようです。色使いにとても刺激を受けました。しかもHeringa氏はデンボッシュ出身ということで、親近感が湧きますね。でも一般的に、作品の好き嫌いは分かれるところでしょうか。

CIMG5573.jpg

Stedelijk Museum Amsterdam CSの11階はカフェになっていて、アムステルダムの中心街を一望できます。逆光です。すみません。
IMGP2223.jpg

今日のデザイン理論の授業では、生徒達で協力して、生花を使った色相環を作りました。

IMGP2222_01.jpg

上から写真を撮ったところです。

簡単そうに見えるんですが、彩度の高い色の花を見つけるところが難しいですね。
赤系の花は簡単に見つかるんですが、青・紫系のグラデーションや、彩度の高い緑はなかなか見つかりません。

IMGP2214 1

テクスチャの違いをみるために、色相環作成用のピースを集めてみたところです。

IMGP2227_01.jpg

今日の宿題アレンジは、「Colour-on(against)-colourコントラスト」でした。色相の違いを際立たせるものです。タデに原色のアクリル塗料を塗ったんですけどね。ちょっとずるかったかな。
CIMG5581.jpg

オランダ語が語源だからって、わざわざケンタッキーフライドチキンまで行ってコールスローを食べてみたものの、特においしいっていう訳ではないですね。語源と本場は違うか。
今日の授業では、色を科学的に学びました。
花や葉を画用紙にこすりつけて色素を見てみます。

CIMG5509.jpg

いろいろな花をこすりつけたり、すり潰したり、しぼったりして絵を描きます。

CIMG5510.jpg


もっといろいろと学んだんですが、まとまったらノートを公開します。

関係無いんですが、今日おもしろい動画をみせてもらいました。チェコの花卉協会がつくったプロモーションビデオですかね。


今日もいい天気。サイクリングに出掛けました。

IMGP2094.jpg

木々の葉が黄色くなってきています。
風が吹くとどんぐりの実が勢いよく落ちて来て、あたると痛いです。

IMGP2085.jpg

サイクリング道の途中で、くるみの実の無人販売所がありました。
40個で50セント(80円)。買って食べてみましたが、まだ若過ぎでした。

そういえば昨日は、ムール貝を1Kg(5ユーロ弱。800円位)買って白ワイン蒸しをつくってみました。簡単なのにおいしいですね。
IMGP2081.jpg

9月の週末はいい天気が続いてます。

今週はデン・ボシュにて、2年に一度開かれる、海のお祭りが開かれています。

IMGP2061.jpg

内陸部の都市デン・ボシュには海なんてないんですが、550隻のボートが集まり、15万人の人出が予想されてるそうです。

IMGP2055.jpg

IMGP2072.jpg

オランダのおじいさん、おばあさん達は元気です。至るところで歌ってます。コスプレがかわいいですね。

IMGP2058.jpg

IMGP2076.jpg

ちょっと近所をサイクリングしただけで、いろんな動物に会うことができます。

IMGP2032.jpg

IMGP2040.jpg

IMGP2044.jpg

DSCI0098.jpg

藁葺き屋根の葺きかえ作業なんかもみることができましたよ。
IMGP2030.jpg

IMGP1875.jpg

少し前の話です。夏休みに、お世話になっているオランダ人のヨゼおばさんに招待されて、interartという庭園に遊びに行きました。

IMGP1874.jpg

きれいに整備されたガーデニングと、それに調和した彫刻を楽しむことができます。人里離れた田舎にあるので、人も多くなく、ゆっくりできます。

IMGP1847.jpg


IMGP1846.jpg


IMGP1839.jpg


ヨゼおばさんとそのお友達が管理しているハーブガーデンも見応えたっぷりです。(写真撮影失念。残念。)

庭園を歩いているだけで楽しめるのは、歳をとった証拠?
InterartのWebサイトです。
http://www.interart.nl/
CIMG5180.jpg

週末、ユトレヒトにあるオルゴール博物館に行きました。

CIMG5184.jpg

シリンダー型からディスク型への変遷、バイオリンとピアノが合体したオルゴール等、ガイドが実演します。そういえば、「オルゴール」はオランダ語に由来してます。

CIMG5186.jpg

町中でもよく見かけるオルゴール。オランダ人観光客達が歌い始めました。

CIMG5171.jpg

オルゴール博物館とは関係ないですが、街を歩いていたら結婚式に向かうカップル(?)に遭遇しました。でも、2人だけしかいないって、モデルだったのかなあ。
今日は課外授業で、デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園と、公園内にあるクレラー・ミュラー美術館に行ってきました。

CIMG5222.jpg

広大なデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内を自転車で走ります。自転車道の両サイド共、見渡す限り、野生のエリカが茂っています。

CIMG5245.jpg

砂地で、枯れ木を使っての造形実習です。例えば、「ラインのフォームを持つ材料で、5メートルのラインを作りなさい。」といった課題が与えられます。材料を拾い集めて、「ライン」のイメージを砂の上につくっていきます。

IMGP1976.jpg

5キロ程自転車をこいだでしょうか、クレラー・ミュラー美術館に到着です。

IMGP1936.jpg

今日のメインは、屋外の庭園にたつ彫刻の観賞で、それはそれで非常に興味深かったのですが、同美術館はゴッホのコレクションで有名であり、屋内の展示作品が気になります。

IMGP1968.jpg

「夜のカフェテラス」

IMGP1971.jpg

「アルルの跳ね橋」

IMGP1972.jpg

「馬鈴薯を食べる人々」のアップ。ロナウジーニョに似てる・・・。

後期印象派、新印象派からキュビズムあたりの作品が多く、他にも、スーラ、セザンヌ、ロートレック、モンドリアン、ピカソ、ブラックなんかもあって、見応えたっぷりなんですが、屋内は1時間位しか観賞する時間が無く、早足でしかみられませんでした。残念。
IMGP1831.jpg

以前に書きましたが、デン・ボッシュは画家ヒエロニムス・ボスの生誕地です。
今春に、ヒエロニムス・ボスの作品を集めた(全てコピーですが)アートセンターが開館したので、行ってきました。

IMGP1815.jpg

スペイン王族の手許に渡った彼の作品は、現在では至るところに散らばってしまっています。コピーとは言え、彼の作品が一度に見られるのは有り難いです。

IMGP1829.jpg

館内の至るところに「快楽の園」等に出て来るヘンテコな生物のフィギュアが置いてあります。

IMGP1817.jpg

キモカワイイ、っていう感じですね。フィギュアはおみやげとしても販売しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。