オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は1日Logistics & Purchasesの授業のエクスカージョンで外に出てました。

朝4時起きです。

CIMG4029.jpg

まずは、アールスメール花き市場に向かいました。

花き市場に来たのは、これで4回目。アールスメールは2回目の訪問です。

前回はただ観光目的で何も考えずに見物していたのですが、今回は、物流と品質管理を念頭に置きながらの見学です。

生産者から持ち込まれた生花です。ブレブレの写真で見にくいですが、この時点では1コンテナーに1種類の花しか入っていません。

CIMG4036.jpg

オークションクロックで、値段と買い主が決まります。

CIMG4040.jpg

買い主が決まった花は、買い主への輸送用コンテナに詰め替えられます。これもブレブレの写真で見にくいですが、1コンテナーに数種類の花が入っているのがわかりますでしょうか。コンテナーごと買い主に届けられます。以前に書きましたが、このコンテナーの使用と回収のスキームは、スムーズな物流を実現する上で非常に重要です。

CIMG4034.jpg

少し離れた所にある物流センターへコンテナーを輸送するための、自動輸送設備もあります。Aalsmeer Shuttleと呼ばれています。

CIMG4046.jpg

市場の品質テスト部門です。テストセンターのマネージャーに話をうかがいます。

新品種のVase Life(品質保持期間)テストを行っています。温度・湿度・照明・エチレンガス濃度等が管理されたテスト環境の下でテストが行われています。

CIMG4055.jpg

また、海外から生花を輸入する際の品質保持期間をテストするために、特別のテスト環境で(例えばケニアから船で輸送する場合の標準的な取り扱い方法をテスト環境で再現して)テストを実施しています。

CIMG4057.jpg

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/111-d838be0c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。