オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先週末は、Stedelijk Museum Amsterdam CSで開かれている、Liet Heringa (1966-)とMaarten van Kalsbeek(1962-)の2人組のアーティストの作品展に行きました。
タイトルはCruel Bonsai(残酷な盆栽)です。

Save.jpg


Save20001.jpg

鉄とガラスで出来た彫刻です。中国や、イタリアの田舎町の混沌さからヒントを得たもののようです。色使いにとても刺激を受けました。しかもHeringa氏はデンボッシュ出身ということで、親近感が湧きますね。でも一般的に、作品の好き嫌いは分かれるところでしょうか。

CIMG5573.jpg

Stedelijk Museum Amsterdam CSの11階はカフェになっていて、アムステルダムの中心街を一望できます。逆光です。すみません。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/166-47f6130d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。