オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMGP2909.jpg

どんなデザインでも、意図的なパターンのWreathならStructure wreathになるのですが、代表的なものとして、Spiral、Rings、Zones、Organic、Organic with Reliefの5種類があります。

僕がつくったのはZones。Wreathの形にあわせて規則的なパターンをつくります。
モスがなかなかの曲者です。簡単に面積を稼げるので楽なんですが、乾燥するとぼろぼろと落ちて来てしまうので、持ち運びがほぼ不可能です。

IMGP2943.jpg

Wreathアレンジメントの最後(たぶん)は、Plant wreath。バラの蔓でベースをつくった後、ポットプラントの根をモスで固めて、ベースに留めていきます。

Plant wreathは葬儀用のリースです。棺を土の中に納めた後、墓石を敷くまでしばらく日にちをおくのですが、その間、墓石を置く場所にこのリースを置いておきます。

IMGP2925.jpg

ついでに、学校に飾る用につくった(つくらされた?)Plant arrangementです。盆栽風につくってみました。

先生は、「和風だなあ。」とコメントしてくれましたが、オランダ人にわかってもらえるかなあ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/194-99ebc9e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。