オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今年もデン・ボシュにカーニバルがやってきました。
昨年のカーニバルの様子

Het_nieuwe_Oeteldon_598832b.jpg

今年のワッペンには、うるう年にのみ現れる家政婦ヘンドリンが描かれてます。
テーマは「Skrikkeluk mooi」。「うるう年」と「美しい」を掛けた掛け言葉です。



ウテルドンクの国(仮想の国)のプリンス・アマデイロ25世がやって来ました。デン・ボシュはカーニバルの期間中、ウテルドンクの国としてアマデイロ25世の統治下に置かれます。(全部冗談ですけどね。みんな真剣にやってるところがおかしいです。)

RIMG0042

RIMG0072

今年の裏テーマは、「農家に嫁を!」。他の地域のカーニバルと違って、農夫が主役のデン・ボッシュのカーニバル。どこの国でも農家は嫁不足みたいです。(ま、それも半分は冗談のテーマで、「お嫁さん募集中」みたいなプラカードを持ってはしゃぐことが目的のようですが。)

IMGP3496

他の地域のカーニバルの影響で、チャイナドレスやらスチュワーデスやら仮装パーティーのようになってきたため、デン・ボシュのカーニバル事務局は、「今年のカーニバルには青い服(ウテルドンクの国の農夫の服の色)か緑の服(ウテルドンクの国のシンボル、カエルの色)を着てくるように。」と指示を出したようですが、

RIMG0110

みんな言うことなんか聞かないですね。


RIMG0169

警察の白バイもカーニバルの飾り付けがされています。警察のしゃれか、誰かのいたずらかはわからないですが。

RIMG0185

全然知らない人に、「写真撮ってくれ。」とお願いされて撮った写真です。送り先を聞いてもハイになっていて、何を言ってるんだかよくわかりません。このブログをみる機会があったらいいなと思うんですが。

RIMG0207

カーニバル1日目の最後のイベント。ウテルドンクの開拓者である農夫ニリス氏の像が現れます。今年は、家政婦のヘンドリンが横に立ってます。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/217-56fb107b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。