オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CIMG6772

一緒に働くグレゴルは、同い年のポーランド人です。
彼はポーランドで高等教育を受けたそうで、英語も話せます。
それだけではなくて、ドイツ語もロシア語も、中欧の言語もいくつか話せるそうです。
ポーランドには奥さんと、5歳の息子がいます。

なんでオランダで働いてるんだろう?

CIMG6895

「ポーランドの社会がクレイジーだからだよ。」

グレゴルがポーランドで働いていた工場では、月給200ユーロしかもらえなかったとのこと。オランダのグリーンハウスで働くと月1,500ユーロ。7.5倍も違います。

グリーンハウスには、グレゴルのお兄さんと義理の弟を含め7人のポーランド人が働いています。一方、オランダ人は4人のみ。そこに日本人の僕が1人います。

ポーランドは2004年5月にEU加盟が認められ、EU圏内で働くのに労働ビザが必要なくなりました。2007年までに100万人のポーランド人が国外に流出したと言われています。実際、街の至る所でポーランド・ナンバーの車を見かけます。

反イスラム映画が制作されたり、右寄りに傾いて来ているオランダ社会(というよりヨーロッパ諸国全体)ですが、現状、景気が上昇を続けているので、彼らのような中欧からの出稼ぎ労働者は問題になってませんが、景気が下降に転じた時にどうなるかなあと、ちょっと心配になります。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/241-e981c6da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。