オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
仕事のやり方を教わっていると、そうやることに特に意味は無くって、「そんなのどっちでもいいじゃん。」って思うことがよくあります。

「花の包装紙が、この高さまで来てないとダメだ。」
「なんでですか?」
「美しくないだろう。」

CIMG6924

大したことでもないのに、口承でしか伝えられない「職人の知恵」なんだ、みたいに言われると、正直、「やれやれ。」という感じです。

CIMG6920

考えてみると「職人の知恵」現象は、こんな農業の現場だけではなくて、どんな職場でも起こりうることですね。仕事の引き継ぎなんかで感じる機会が多いです。

業務マニュアルって軽くみてる人が多いと思うのですが、そんな偽職人を作り出さないっていう意味で重要だと思いますね。
スポンサーサイト

「美しくないから」といわれてもそういう個人的な感覚頼みは伝わらないですね。
もしかしたら、長くやっていくうちに、
その長さが必然であることが明らかになるのかもしれませんが・・・
もし必然であるなら、やはり早いうちに
納得できるように教わりたいものですしね。
教える立場に立つ人は、
自分たちがふだん何気なくやっていること一つ一つを意識化しないと。それをふまえた「マニュアル」であってほしいものだと私も常々思います。
世の「取扱説明書」全般にも言えますけど。

2008.04.15 06:59 URL | NORIS #- [ 編集 ]

いや、「美しくないから」なんて、とっさに思いついた理由で、ほんとは理由なんて無いと思うんだよね。そんなことって、きっとたくさんある。
なので、教える立場に立つ人に期待するのって難しいだろうなー。それを付加価値だと思ってる人達って、マニュアル化を嫌うしね。
以前、証券会社の監査部にいた時に、業務のマニュアル化を進めてたんだけど、抵抗がすごく強かったよ。特に外資系金融機関から来た人達とかね。自分たちの仕事がアートか何かだと思ってるから。紙に落としてみたら大したことじゃないのにね。

2008.04.17 00:08 URL | katovsky to NORIS #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/244-c721c0f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。