オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CIMG6990


近所のスーパーが、ブーケの日持ち保証を大々的に広告し出しました。1週間持つブーケが5ユーロ(800円強)なら、なかなかお値打ちですね。結構飛ぶように売れていって、ブーケ用のバケツが空いていきます。

1週間美しさが持たなかったら、無料で新しいブーケがもらえるそうです。購入者の申告ベースなのかなあ。今度買って試してみようかな。

CIMG6993

土曜日は、ハッピーローズ(レインボーローズ)の商談のためにドイツまで、ハッピーローズの社長に同行しました。相手が中国人っていうことで、激しい商談になるかなと思っていたのですが、とっても大人しい人で何だか拍子抜けでした。ステレオタイプを持ってはいかんですね。
スポンサーサイト

こんにちは!商談なんかにも行っているんでるんですか?スゴイ!
ステキな経験ですね。

2008.04.21 00:04 URL | みるきー #- [ 編集 ]

売り場の雰囲気やディスプレイもこれぐらいしゃれていれば、そして日持ちがするのが確かならば、スーパーでお花を買うのもありかなあ、と思いますね。
日本の場合は、となりに花瓶も売っているとか、手持ちのコップを活用するヒントになるようなディスプレイも必要かなあ。

2008.04.21 04:36 URL | NORIS #- [ 編集 ]

オランダでも日持ち保証するお花があったのですね。
日本でも昔、無印良品のお花部門がそういうの出してましたよね。
今も続いているのかな??

2008.04.21 07:50 URL | tommy #- [ 編集 ]

レシートとお花を持っていけば
代えてくれる、とかそう言う風にしないと
つぶれそうですね…(笑)
実際、母が某イトーヨーカドーに勤めてた時、
ボロッボロになるまで使い古した靴を持ってきてクレームをいい、
新品と取り替えた客が何人もいたそうです…( ̄□ ̄;
↑花良品にそんな保証がついてたんですねぇ☆☆
結構あそこの花は価格の割りに品質がいいので
私はお気に入りです♪

2008.04.21 12:55 URL | ふるる #- [ 編集 ]

商談って言っても、僕は基本的に隣で聞いてるだけですよ。でも面白い経験ができました。

2008.04.22 17:12 URL | katovsky to みるきーさん #- [ 編集 ]

カートの中にも花を置ける折り畳み式のカゴが付いてるし。もう少し高級感を出した方がいいかなあ。
日本ではまず、リピーターになってもらうことが重要なので、花瓶とセットに売るところからスタートしないとね。

2008.04.22 18:36 URL | katovsky to NORIS #- [ 編集 ]

花良品が試験的にやってましたね。
今はどうなんでしょう。有楽町の花良品で、オフィスに飾る花を買ってたんですが、日持ち保証はやってなかったような。
日持ち保証はイギリスの方が進んでますね。なんでだろう。花卉サプライチェーンの中のスーパーマーケットの発言権が弱いのかな。

2008.04.22 18:41 URL | katovsky to tommyさん #- [ 編集 ]

日本ではよくそういう話を聞きますね。クレーマー的な。
マーケティング的には、「クレームはありがたいと思え」って言ったりしますが、どうにも建設期な意見とかは望めないですね、日本のクレーマーからは。
僕が花良品が好きなのは、値段+単品でもちゃんとスリーブでパッケージングされてるところです。自分で選べるし。
だって、大手町のビルの中の小さな花屋さんで、ガラスケースの中の花を指差して、「あ。オーニソガラムを1本下さい。」なんて頼む男って不審でしょ?(笑)

2008.04.22 18:47 URL | katovsky to ふるるさん #- [ 編集 ]

そうそう、お花屋さんでオーダーするというのが
まず敷居が高いんですよね。
以前近所にあったお花屋さんでは
幼い娘と通りがかりに立ち話したついでに、
見切り品でつくった小さいブーケを買ってました。
でも、それは気心しれたお店だったから。
日々の暮らしに生ける花ほど、対面販売でなく、
一本から気軽に、自分で手にとって買えるといいな
と思います。

2008.04.23 08:40 URL | NORIS #- [ 編集 ]

お花屋さんに一見で入ると、何だか変な、駆け引きみたいなものがあって嫌だよね。気心がしれてくるとまた、何か買わないと申し訳ない、みたいな感じになったりするのも、お花屋さんの閉鎖性っていうか、そういうものなのかなあ。
今日、学校のオランダ人の先生と、花の購入は統計的に家計出費のどの区分に入るんだろうという話をしていて、僕は当然「Culture&Entertainment」だろうと思っていたんだけど、先生は「Social Expense」だって言うものだから、衝撃的だったね。でもオランダ人の花に対する考え方って、日本人のそれとは全然違うんだなあって実感しました。

2008.04.25 21:06 URL | katovsky to NORIS #- [ 編集 ]

Social Expense!
それはすごいなぁ~。
ほんとに生活と近いって事ですよね!
花瓶とセットに売る、いいと思います☆
青山フラワーマーケットも、
結構テーブルブーケに合う大きさの花瓶を売ってて、
結構便利だなぁ~、と思いました。
あと、考えたのは、色んな花瓶が増えると収納に困るので
花瓶レンタル制度っていうのが便利かなぁ~、と(^^)
返してもらえないと困るので、最初に花瓶の代金をもらっておいて
返却時にお金を返すようにすれば、
買った花の大きさに合わせて花瓶を用意しなくてもいいので
買う側は助かるなぁ~、と思いますねぇ。
自分の店のじゃない花瓶を持ってこないように
底にロゴを入れとくとか♪
もちろん、自分であしらえるのが一番いいんですけどね。
日本人って、「センスない」とか「自分には綺麗に挿せない」って思ってる人多いから、
花のある生活というカルチャーの導入口になるのでは、と思います。

2008.04.26 15:04 URL | ふるる #- [ 編集 ]

いろんな形、大きさの花瓶を揃える必要がないっていう意味では、花瓶レンタル制度はいいですね。僕はね、花瓶を買ったら1ヶ月間、店に花瓶を持ってくれればアレンジをつくりますよ、っていう制度がいいなあと思います。
でも今でも、持っている花瓶をお花屋さんに持って行けば、喜んでアレンジつくってくれると思いますけどね。
「花のある生活」っていう時に、花を生活に合わせるのではなくて、生活を花に合わせるっていう方向に持っていかないといけないと思いますね。部屋が汚いから花が飾れないのではなくて、花を飾るのだから部屋をきれいにするっていう感じで。オランダはそんな感じだと思います。

2008.04.27 20:37 URL | katovsky to ふるるさん #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/247-6e6fae95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。