オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
happy_roses.jpg

今日ははじめてレインボーローズ (Happy rose)をつくっている工場の中に入れてもらいました。ふふーん。なるほど。でも企業秘密なので、つくっているところの写真は載せませんよ。

人のブログで、レインボーローズに対する厳しい評価を目にすることがあります。曰く、自然への冒涜だ、人工なものより自然が一番だ、等々。人の好みはいろいろあっていいと思うので、否定はしませんよ。

CIMG7020.jpg

菊の生産農家でしばらく働いて、最近花に対する考え方が変わってきたような気がします。

切花だって工業製品と同じじゃないの?

同じ製品、同じ規格、同じ品質の菊の大量生産。
在庫をもてないっていう以外は、工業製品と同じじゃないかっていう気がしてきたんです。

そんな切花をもって「自然の美」を論じるのって、どうなのよ、と。

青いバラを開発するのに、バラとデルフィニウムの遺伝子を組み合わせるのは自然なのか。生産段階で、土壌のpHを調節して色を意図的に変えているお店のアジサイは、加工したものじゃないのか。

判断基準は、「好き/嫌い」だけでいいんじゃないかって思うんです。

野に咲く花がはたして自然なものなのか?外来種であっても。
自然のチューリップが好きだって言うなら、アフガニスタンのパミール高原に咲くチューリップの原種(チューリップの原産はトルコじゃないですよ)を見たことがあるんですかと聞いてみたくなりますね(僕も見たことはないですが)。
スポンサーサイト

初めて日本であのバラを見たとき。
私は、買わないなー。っと思いましたが
他のお花屋さんで、売っている姿を見ると
「話題性」という部分では、必要なのかな?ってかんじました。

2008.05.10 11:35 URL | みるきー #- [ 編集 ]

こんにちは。
私も日本で仕事をするようになって、katovskyさんと同じようなことを感じています。
私は日本では加工バラやkatovskyさんの言う工業製品(切花)を販売(卸)する側でしたので、そのような声を聞くことがありました。
オランダのお花屋さんで過ごしていた頃には、同じものに触れていながら、感じたことがありませんでした(好き嫌いの意見はよく聞きましたが)。
私は純粋にお花が好きです、自然の姿が。
キズがあっても、葉っぱがおれても、茎が曲がっていても。
そして加工花についても、好き嫌いは別として、加工することによって、そのお花がどのように変化をするのか・・・という点でとても興味があります。

2008.05.11 02:25 URL | thura #- [ 編集 ]

話題性のために作っているのではなくて、いっしょうけんめい作ってますよー。

2008.05.13 15:54 URL | katovsky to みるきーさん #- [ 編集 ]

こういうこと言っても、日本では全く受け入れられないだろうなあということはわかります。
僕も純粋に花が好きなんです。それは美しさを感じるから。造花だって美しければ好きですよ。なかなかそんな造花にはお目にかかれませんが。
加工することによって、まるで自然の犯されざる領域に踏み込んでいるように考える人、無農薬野菜を盲目的に信じる人や、虫食いのキャベツや曲がったキュウリをありがたがって買ってる人。どうも日本人って「自然」に関して屈折したイメージがあるような気がします。(ちょっと言い過ぎでしたか。ごめんなさい。)

2008.05.13 16:12 URL | katovsky to thuraさん #- [ 編集 ]

あら、なんか珍しくトゲトゲしい感じですね…^^
日本人は流されやすく、行き過ぎる。
大量生産と輸入食品の流れが一巡して、
世間では無農薬・有機農法の熱が高まってきてますが、
なんかそれも、今の「流行」を追ってるだけのような、
少し薄ら寒い物を感じてしまいます。
(地産地消という考え方なら大賛成ですけど。)
たぶん、レインボーローズも
まだマイナーなので批判されてるんだと思います。
そのうち、それが当たり前になれば
今までの意見なんだったの?ってくらい
何も言わなくなるかと…(笑)
『切花だって工業製品と同じ』
私もそれを感じたことあります~!
結局、収穫だの出荷だの、人間の思惑で
自然のサイクルをいじってるんだから
全くの自然って事はないんじゃないか…と
思うんですけど、たぶん皆そんなトコまで
考えないんでしょうね。

2008.05.16 06:31 URL | ふるる #- [ 編集 ]

今回の日本出張で何軒か農家をまわったんですが、誰も自分の事を自然の番人だと思ってる人なんていないですね。
消費者が抱く自然に関する幻想みたいなものと、大きなギャップがありますね。
ただ、生産の過程で、微妙な気候の変化をよむとか、そういう自然との関わり方に関してはさすがに農家ってプロだなあと思いました。

2008.05.26 09:06 URL | katovsky to ふるるさん #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/253-ea4f3a9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。