オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CIMG7143.jpg

前に一度紹介したのですが、最先端の設備を持つバラ農場で働いて来ました。

リンク:動くバラ農場



オランダ南部、Nieuwaalという田舎町にある3.5haのグリーンハウスです。
スタッフはハウス内を自転車、またはバイクで移動しています。

ロックウール培地で育てられているバラ。全てAdvanceという品種(アバランチェの改良品種)です。ロックウールは移動可能な長さ6m位のテーブルにセットされています。そのテーブルが約4,000個。1日の収穫は3万本から4万本で、1年では約1千万本の収穫があります。

通常のバラ農園だと5.0ha必要な生産量なのですが、最新の設備のおかげでそれだけの生産が可能になっています。

CIMG7131.jpg

まずは、pruizen(日本語で芽かき?)から教わります。
枝分かれした若いシュート(上の写真で、花芽の右の赤いやつ)を摘んでいきます。



テーブルがどんどん移動するので大変です。一番遅いスピードにしてもらったんですが、とても追いつきません。「はじめてなんだから仕方ないよ。」となぐさめてもらいながら、ベテランのスタッフに手伝ってもらいます。

CIMG7158.jpg

おもしろいなと思ったのは、上の写真の装置。ノズルの付いた四角い枠。
農薬の散布装置です。移動するテーブルが、この枠内をくぐる際に、農薬のシャワーを浴びせるという仕組みです。

考えてみれば、こちらから散布しに行かなくてもバラが移動してきてくれるのだから、効率がいいですよね。

CIMG7184.jpg

続いて教わったのはカッティング(収穫)。
収穫に適したステージ(バラの開花段階)を教わっているところです。



実際の収穫の様子はこんな感じです。
休む間もなく新しいテーブルがやってきて、収穫し続けます。「機械に働かされている」感じがしますね。

CIMG7210.jpg

なぜか動物がたくさんいるグリーンハウスです。
野良猫のくせに、近づいて写真を撮っても全然余裕。貫禄充分です。
スポンサーサイト

うわーすごいすごい!!
面白いですね。
私も研修・・・あります?楽しみです!!

2008.06.12 16:14 URL | みるきー #- [ 編集 ]

ありますよ!
でも、楽しくするかしないかは自分次第です。頑張りましょうね。

2008.06.13 00:29 URL | katovsky to みるきーさん #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/265-74bd60cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。