オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CIMG6917.jpg

キクの市場価格が急落しています。

スプレーギク Zembla・クリームのオークション価格は、今週に入って 5から8ユーロセント(8円から13円)、昨年同時期の価格が安くても25ユーロセント(40円)程度なので、3分の1以下の値段に急落しています。

昨日の取引では、僕の働いている農場から出荷されたキク(品質は高いのですが)の中にも、オークションで値段がつかず、廃棄処分となってしまったものもありました。因みに廃棄処分になると、1トローリーあたり30ユーロ(5,000円)の廃棄手数料をオークションに払わなければなりません。9週間もかけて育てたキクが廃棄されてしまうのは、少しむなしいですね・・・。

一方で、コストとなるエネルギー価格は昨年同時期対比2倍弱上昇しているので、生産者は完全に赤字の状況です。

原因はなんでしょうか。
他の花の価格はどう推移しているか、来月あたりに発表される統計をみてみないとわかりませんが、どうも全体的に不調のようです。

ヨーロッパ全体の天候が良いため、バカンスをとる人が多く、花への需要が減っている。または、需要の物価弾力性がマイナス、と言えばいいのでしょうか、物価が上昇するほど、他の消費財の購入のために花の購入手控え感が広まって、キクへの需要が減少している、とか。
スポンサーサイト

廃棄処分なんですか? もったいないし一番悔しいのはせっかく9週間もかけて育てた生産者でしょうね。 自分も花が好きで毎週のように買ってきてます。 花があるかないかでは部屋の雰囲気もかなり違いますからね。

2008.07.06 21:42 URL | Takakura Ken #mQop/nM. [ 編集 ]

どうも。
市場の規則で、値段が付かないものは全て廃棄処分なんです。需要と供給で決まるものなので仕方ないのですが、もったいないですね。花がある生活はいいですね。もっとキクを買ってやってください。

2008.07.06 22:51 URL | katovsky to Takakura kenさん #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/278-abd89457

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。