オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日のお花の授業では、アレンジを3つ作りました。1日中ずっと立ちっぱなし。疲れました。
でも、こんなことでは来年の花屋での修行についていけないなあ。ちょっと体を鍛えないといけないですかね。

まずは、Vaseアレンジ。チキンワイヤーなどのサポートを使わず、ボックスウッドをVaseに詰めながら花を固定していきます。寒くなってきて学校の花壇で入手できる花が少なくなってきてます。もう少し花があれば華やかになったんですけどね。

CIMG2324.jpg

続いて、ハンドタイドブーケのビダーマイヤーです。ちょっと大人っぽい感じで作りました。赤のダリヤと紫キャベツの間に黄色の花でも入れたらもっといい感じだったかなあ。

CIMG2334.jpg

最後に、ハンドタイドブーケのHangingもの入りです。
こちらでのお花の授業は、先生の説明はテクニックについてほんの少しだけ。後は、花を選んで(花をゆっくり選んでる時間は全くありません。すぐ制作にかからないと規程時間に間に合わないので)、花壇に花を取りにいって、花の下処理をして、アレンジを制作するところまで、先生は全く口を出しません。
最初はよくわからなかったんですが、「自分で考えること」が一番重要だっていうことなんですね。「お手本」はあり得ません。

CIMG2328.jpg

スポンサーサイト

銀行員(特に私達みたいな職場は)は歩かないから、ほんと体力落ちますよね!!!
体力回復のためには散歩しましょう~!!(≧∀≦)/
>先生の説明はテクニックについてほんの少しだけ
もう皆基本は出来てるから余計な説明はいい、という考えなんでしょうか??
プロを目指すから、とにかく練習!ということは分かるんですが。
説明、というか、知識や由来が聞きたい、と思うのは私だけでしょうか・・・??

2006.10.27 00:25 URL | Fleur #- [ 編集 ]

立ち仕事おつかれさま。でも、実践的な授業みたいですね。ほんとうにお花屋さんになったら、お客さんのお好みやご予算にあわせて、店先にある花の中から手早くすてきなものを仕上げる必要があるのですから、想像力+臨機応変な技術を鍛えなくてはね。
いちばん最初の作品、わたし好みです。

2006.10.27 15:38 URL | NORIS #- [ 編集 ]

ずっと座ってて猫背になっちゃったんですよね。だから長い時間立ってると背中が痛くなるんです。とほほ。

2006.10.27 20:29 URL | Katovsky to Fleurさん #- [ 編集 ]

どうもありがとう。
そうお店に立ったら限られた時間で臨機応変に考えられないといけないもんね。お花屋さんってすごいなと思います。

2006.10.27 20:32 URL | Katovsky to NORIS #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/30-db85ab3a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。