オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
R0013098.jpg

アールスメール市場で開かれているトレード・フェアには、各国から70以上の生産者が参加しています。アムステルダムで開かれているホルティ・フェアが園芸技術中心の見本市であるのに対して、こちらは切花、ポット・プラントの品評会という感じです。

R0013212.jpg

ハッピー・カラーズのブース。コミッショナーであるF.J.Zandbergen社が出しています。
レインボーローズを見つけて、驚きの表情で写真を撮る人、これはどういう技術なんだろうと難しい顔で考える人、さまざまです。

R0013225.jpg

ブースでのんびりしていたら、「これからプレス・カンファレンスがあって、誰もいなくなってしまうから、お店番をしてくれないか。」と、F.J.Zandbergen社からの依頼。

R0013059.jpg
R0013061.jpg
R0013056.jpg

お客さんへの説明以上に重要な仕事は、ディスプレイをプレゼントと勘違いしたお客さんが、そのディスプレイを持って行ってしまうのを止めること。

特に上の透明カプセル入りフリーズドライ・レインボーローズは、持って行ってしまう人続出で、その度に「ごめんなさい。プレゼントじゃないんです。」と説明しなくてはいけませんでした。

R0013221.jpg

他の加工業者の手によるスプレーで着色された花です。
染色されているハッピー・カラーズの商品とは技術的に全然違いますが、着色の技術がかなり上がってきていて、ハッピー・カラーズの競争相手になりそうです。

写真はスプレーで着色されたアンスリウム。左のはドイツの国旗の色に着色したもの。右のはトロピカルな着色ですね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/320-8b9ee87a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。