オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
オランダのネット・オークションで買ったソニーのデジカメが、残念ながら壊れていたので、SONY Nederlandに修理に出しました。

DSC00130.jpg

これが壊れたデジカメで撮った写真です。

SONY Nederlandから届いたレターをみると、

『原因:恐らくCCD(イメージセンサ)のエラー』
『修理費:75ユーロ以上』

「恐らく」って・・・。

問い合わせのため、SONY Nederlandのカスタマー・センターに電話。
「お待ち下さい」のメッセージの後、音楽を聴かされて10分待つ。誰も電話に出ない。

別の電話番号にかけてみる。
同じように音楽を聴かされて10分待つ。誰も電話に出ない。

たまらず、別の部署の電話番号にかけてみる。
カスタマー・センターに電話しろと言われ、「誰も電話に出ない。」と文句を言うと、

「忙しいのだろう。後でもう一度電話してみろ。」

と言われる。

こんなことがしょっちゅう起こります。
カスタマー・センターの人に名前を教えてくれって言っても拒否されたり、担当部署をたらい回しにされ、毎回1から説明させられた挙げ句、最終回答が「わかりません。」だったり。

周りのオランダ人に文句を言うと、「オランダでは仕方ないこと。我慢するしかない。」という答えが返ってきます。オランダ人から聞いたうわさ話では、とあるネット・プロバイダのカスタマー・サポートは、送られて来るFAXを全てゴミ箱に直行させてるみたいです。うわさ話って言っても、オランダ人の友人の友人が実際にやっている話のようですが。


オランダに住んで通算5年半。そんな対応にもだいぶ我慢強くなってきて、日本のサービスって素晴らしいなあとつくづく思います。

「日本の消費者はうるさ過ぎる。」
確かに、食品偽装なんかがあって過敏になるのはわかるのですが、掲示板とかブログなんかで、メーカーのサポートについて悪口を延々と書いている人達をみると、日本人ってもう少し広い心を持ってもいいんじゃないの?と思うのでした。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/360-5942b335

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。