オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CIMG7845.jpg

今日は、学校のエクスカージョン。
園芸学とは特に関係なくて、オランダの歴史・文化についての社会見学です。

CIMG7830.jpg

世界遺産、キンデルダイク。朝焼けに染まっています。

昨年10月に来た時は観光客が何人もいたのですが、オフ・シーズンで僕たちのグループ以外誰もいません。駐車料金もタダだし。

17世紀に建てられた風車。全部で19基あります。
この辺りの海抜はマイナス5、6メートル。度重なる水害を防ぐために、風車の動力を利用して、水をくみ上げていました。

CIMG7853.jpg

キンデルダイクを出て、デルタワークス地帯に向かいます。

オランダ・ゼーランド州、ライン川河口の三角州地帯は、1953年の大洪水で2000人以上の死者が出ました。

途中、バスから見られる景色。大洪水の際、海水により木が死滅してしまったため、大きな木がありません。ほとんど平地なオランダですが、より一層広く平らに見えます。

CIMG7876.jpg

大洪水後、高潮の被害を防ぐために堤防、水門が築かれました。これをデルタワークス(デルタ計画)と言います。


大きな地図で見る

地図で見ると、いかにも水害にあいそうな感じですね。堤防・水門の数は、13にも及びます。

CIMG7861.jpg

先生の説明を聞く、生徒達の図です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/373-597ae65d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。