オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は宿題がいっぱいなのでちょっとだけ。

先週の金曜に作ったトライアングル・ワイヤリングブーケです。
材料が乏しかったので、ちょっと寂しいブーケですが。
チューリップって、茎が弱いくせに頭が重いのでワイヤリングが難しいですね。テストの時には選びたくないマテリアルだなあと思いました。

CIMG2934.jpg

月曜もトライアングルのワイヤリングブーケを作る予定で、カラーを買ってきました。マーケットで花を買ったんですが、ラテン語で言っても発音が全然通じなくって非常に苦労しました。

「そのザンテデシア(カラーのラテン語名)を下さい。」
「え?」
「ザンテデシア。」
「え?」
「だから。カラー!ザンテデシアでしょ!」
「ああ。ザンテデシアね!」
って、どこがどう違って通じてない訳?という感じです。
スポンサーサイト

春のお花がここ最近出てきたので
ちょっとうきうきしますよね~☆
学校では冬場とかはお花どうしてたんですか??
(ビニールハウス??)
花材自体は少ないのに、こんなにきれいにトライアングルができるのが不思議…(*^艸^) ☆

2007.01.15 01:40 URL | Fleur #- [ 編集 ]

花の世界の共通語はラテン語なんですね。どこの国の公用語でもない(と思う)けれど、発音のスタンダードなんかはどこできまるのかしら。でも、町のお店でラテン語の名前をいって通じるというのがさすが花の国!? 日本のお花屋さんなんかはどうなんでしょうか・・・もっとも、買うほうが一般的にラテン語どころか日本語の通称もうといから、けっきょく「その赤いの」とかでごまかしちゃうんでしょうけどね。

2007.01.15 02:21 URL | NORIS #- [ 編集 ]

バチカンでは公用語だよ。でもバチカンまで行って発音を聞く訳にもいかないし。植物のラテン語名を音声で聞ける事典があるみたいなんだけど、ものすごく高いらしいね。オランダの花屋さんになるには以前は資格が必要だったらしいので、長くやってる花屋さんではラテン語で通じるんじゃないかな。あ。でも、マーケットでバイトしてる風の人達には全然通じませんでした。

2007.01.15 19:26 URL | Katovsky to NORIS #- [ 編集 ]

ビニールハウスでは切花用には菊とバラとガーベラしか育ててないので、基本的に先生が朝、近所の花屋で適当に買って来た、または冷蔵庫の中に誰かが残していった余り物の花材を使ってアレンジしてます。
そう。もう春の花が出て来てますね。写真のチューリップ、ちゃんとワイヤリングしたはずなのに、翌日先生に見せる時点でスポンと抜けてしまいました。チューリップって、アレンジした後も成長し続けるんですね。なんて生命力。活け造りを思い出しました。

2007.01.15 19:38 URL | Katovsky to Fleurさん #- [ 編集 ]

ほんとほんと。チューリップって、活けたあとでも水あげと光の方向によって向きは変えるし、花びらが開いたり閉じたり、がんばりやさんですよね。思い通りに決まらないのはたいへんだけど。

2007.01.17 03:48 URL | NORIS #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/52-55fb4a59

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。