オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
oeteldonk2007.jpg

カーニバル期間中、デン・ボシュの街はOeteldonk(ウテルドンク)と呼ばれます。

Oeteldonkは、oetel(オランダ語の昔の言葉でカエル)+donk(湿地帯)を意味しています。(諸説あるようですが。)

CIMG3128.jpg

デン・ボッシュは歴史的に、オランダ北部のヘルダーラント州やホーラント州の侵攻に強く抵抗した要塞都市です。街の外周には壁が築かれ、その壁の外側は戦略的に湿地帯が残されました。街に向かってくる敵陣を容易に見つけるためです。

その湿地帯にたくさん住んでいるカエルが、Oeteldonkのマスコットです。今、街はカエルだらけです。

IMGP0746.jpg

IMGP0745.jpg


カーニバルのメインイベントは明日。
Oeteldonkのプリンスがデン・ボッシュの街にやってきます。街はかなり活気が出てきました。
カーニバルを控えた街の様子です。
http://picasaweb.google.com/eurokato2006/TheCityOfDenBoschAheadOfCarnaval
スポンサーサイト

私はデュッセルドルフへカーニバルを見に行ってきました。こちらにもカエルがいっぱいいました。デン・ボシュから流れていってたのでしょうか。
どうでもいい話ですが、そこらじゅうが割れたビール瓶、ごみと酔っ払いであふれてました。
好奇心で行ったものの、疲れ損でした。。。

2007.02.20 22:41 URL | Momo #ggGedgv2 [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/60-4a986646

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。