オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
カーニバルが終わりました。街は急に静かになって、昨日までのお祭り騒ぎがうそのようです。



2月18日(Carnaval Sunday)

IMGP0795.jpg

9時11分、カーニバルの特別のミサが教会で始まります。みんなカーニバル用の衣装で着飾っています。通常のミサと違い、笑いの絶えないミサです。

IMGP0816.jpg

カーニバル本番は、11時11分、ウテルドンクのプリンス・アマデイロ25世がデン・ボシュの駅に到着するところから始まります。ウテルドンクの街が架空なら、当然アマデイロ25世も架空の人物です。そんな冗談のストーリーにも係らず、1883年のアマデイロ1世から代々現在まで引き継がれています。(ウテルドンクの歴史には、「途中、複数のプリンスが現れるなど混乱があったが、奇跡的に現在まで伝統が守られている。」と書かれています。)

IMGP0825.jpg

プリンス・アマデイロ25世と、ウテルドンカー達が街を練り歩きます。
でも実は、プリンスの到着を歓迎しているのは一部の人達で、残りはプリンスなぞそっちのけで、ひたすらバーでビールを飲んでいます。



2月19日

IMGP0878.jpg

13時33分、カーニバルのパレードがはじまります。

IMGP0855.jpg

ユーモラスな山車と、吹奏楽団のマーチングが市内を回ります。
因みに、スケジュールが全て何時11分だの、何時33分だの変な時間に始まるのは、「11人のクレージーガイズ」を意味していると教わったのですが、何のことやらわかりません。

カーニバル1日目、2日目の写真アルバムのリンクです。
http://picasaweb.google.com/eurokato2006/CarnavalInOeteldonk
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/61-54d58eff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。