オランダ逍遥

いい歳してオランダへ花留学。 そんな男の日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
IMGP1088.jpg

昨日、街一番の教会であるSt Jan(シントヤン)教会のタワーに登りました。小さい写真でわかりづらいですが、タワーの上の方の時計の所(地上45m)までです。

正式には来週から公開されるのですが、昨日はガイドの講習会を兼ねての特別公開日だったようで、参加者(だと思っていた)9人のグループ中、ガイドが5人もいる(なので観光客は僕を含めて4人)という贅沢なツアーでした。ツアーはオランダ語での解説なのですが、暇なガイドが僕にだけ英語で説明してくれたりしました。

急な螺旋階段を登って行きます。

IMGP1087.jpg

これがタワーの中で最も大きい鐘、"Noteman"です。重さ5.5トン。1642年に完成しました。見学中に2番目に大きい鐘が鳴りだしたんですが、音の大きさにびっくりしましたね。街のセントラムに響き渡っている鐘の音なので、鐘の真横で聞くなんて自殺行為です。

IMGP1075.jpg

7階まで登ると、タワーの時計の裏側です。その隣のドアから展望台に出られます。

CIMG3729.jpg

デンボシュの町並みです。360度、山が一切無く、地平線まで湿地帯が広がっています。(暗い写真ですみません)。

CIMG3727.jpg

教会の真下をみたところです。そんなに高いわけではないんですが、タワー以上に高いビルが無いので、なんだか優越感を感じます。

でも帰りは、急な階段を下らなければならず、膝がガタガタでした。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://katovsky.blog66.fc2.com/tb.php/89-7cf503b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。